(1) 赤いトウモロコシ

アメリカの一部の地域では、植物の糖の不均等によって生まれる穂が赤いトウモロコシは、珍しいのものであり、幸運の証とされていたため、それを見つけた人間は報酬としてキスを受け取ることができた、という伝承が伝え残されている。

In some areas local tradition held that finding a red ear of corn was good luck, deserving of a prize. Red ears of corn were an infrequent discovery, caused by an imbalance of sugar in the plant. The rarity of these red ears inspired local folklore. Some early accounts of husking frolics, held that the individual who found a red ear received a kiss as a reward. For the young romantics in a husking party, finding the red ear became a highly coveted tradition. In later accounts, finding the ear caused the entire party to chase the finder until the ear was forfeited via capture.6.

出典:National Park Service( https://www.nps.gov/articles/000/husking-parties-in-concord-massachusetts.htm )

(2) 聖餐式

キリスト者がパンとぶどう酒をもって象徴的に食事を共にすることによってキリストの死と復活を記念する儀礼。

出典:岩波キリスト教辞典

(3) 葬儀

シェーカーの葬式は、その日の証言(the testimonies)が故人についてであることを除けば当時の通常の礼拝と非常によく似ていた。葬儀に際して特別な詩や歌が作られることもあった。数々の賛辞の後、棺のふたがされ墓地に運ばれる前に、参列者は再び故人と対面する機会があった。シェーカーにおける埋葬の習慣は、社会規範が変更された範囲でのみ変更された。1900年頃まで、遺体は洗われ覆いに包まれたのち、蓋を開けたままのごく普通の棺の中に置かれた。葬儀はその後、ドウェリング・ハウスのそのファミリーのミーティング・ルームで行われた。亡くなった人が広く知られていて、世界中から人々が訪れることを予想された場合、葬式はミーティング・ハウスで行われた。

出典:Historical Dictionary of the Shakers p128-p129

(4) アメリカハナズオウの木

アメリカの東部に広く分布する落葉樹。3月から4月にかけて淡い紅色の花を咲かせる。

出典:https://www.weblio.jp/content/Redbud

(5) ギシギシ

タデ科の多年草。ヌルヌルした若い芽を食用として利用する。

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/negishinouen/diary/201612220000/

(6) サッサフラス

クスノキ科の落葉高木。根や樹皮は薬に使われていた。サッサフラスの根を蒸留して得るサッサフラス油は黄または赤黄色でサフロール原料、せっけんの香料などに用いられた。サッサフラス茶には有毒なサフロールが多く含まれ、1976年に米国食品医薬品局(FDA)は販売することを中止すると決定した。

出典:
https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%B2%B9-2043015