小説 『The Believers』1957 翻訳プロジェクト

早稲田大学中谷礼仁研究室 The Believers ゼミは、18 世紀の後半、イギリスからアメリカに渡り独自の生活を築いたシェーカー教の姿を描いた歴史小説『The Believers』の邦訳を行い、また彼ら独自の考えを実践した生き方を2017 年から 2020 年にかけて研究してきました。
本 website では、The Believers ゼミがこれまで邦訳を行ってきた小説『The Believers』の邦訳文を掲載しています。
それに加えて、当ゼミによる訳註や、さらに研究の必要のあった事象についての研究成果を公開します。これらを併せてご覧いただくことで、小説の内容のみならずその背景にあった事柄や、より詳細にシェーカー教が暮らした様子を知ることができます。

小説訳文

中谷研究室The Believersゼミの研究の中で翻訳した、小説『The Believers』の訳文を公開しています。
次のページから全24章の内容を各章ごとにご覧いただけます。
※現在15章まで公開しています。次回18章までは8月中旬に公開予定です。

小説訳文へ
訳注リスト

小説の翻訳にあたり、ゼミ内で読解の手助けとなるような訳註を作成しました。次のページでは、それらの訳註のリストと参考出典をまとめています。

訳注リストへ
研究成果

訳註作成に関連して調査したより詳しい研究内容や、シェーカー教に関して個別にまとめた研究に関して、テーマごとに記事を作成し公開しています。

研究成果へ
書誌&著者情報

Janice Holt Giles, The Believers, Houghton Mifflin Company, 1957

18世紀末から19世紀初頭のアメリカ合衆国、ケンタッキー州を舞台に、開拓者の娘として、そしてシェーカー教の一教徒として、開拓時代の最中を生きる主人公を描いた作品。
著者であるGilesによるシェーカー教に関する調査をもとに、当時の暮らしが小説の中で鮮やかに再現されている。

シェーカー教について

シェーカー教は1747年にクエーカー教から分裂したプロテスタントの一派である。「シェーカー(Shakers)」とは、彼らの激しく身体を震わせる礼拝の様子から呼ばれるようになった俗称である。
シェーカー教における教義は、主に四原則である禁欲、財産の共有、罪の告白、そして俗世からの離脱に見ることができる。そのコミュニティや家族のあり方に対する考え方が、生活に溶け込んだ毎日の労働や礼拝と、そのために利用される道具や家具、建築における洗練された特有のデザインや技術へと飛翔した。
画像出典: The Archives & Research Center, Canterbury Shaker Village

当時のアメリカ

シェーカー教は18世紀末にアメリカに渡り活動を始めて以来、およそ200年の間アメリカで活動を続けた。
当時のアメリカでは、西漸運動という開拓地の西方拡大が行われ、人々は自由と成功を求めて西部へと向かった。
また、その一方で奴隷制度などの社会格差は生活の中に根付いており、個々人の生き方に強く影響を及ぼしていた時代でもある。
(画像をクリックするとより詳細な情報がご覧いただけます。)
画像出典: Library of Congress, Geography and Map Division

小説訳文(全24章)

第1章

 私の名前はレベッカ・ファウラー。子ども時代を(1)ディックス川支流の(2)ハンギング・フォークに位置する(3)リンカーン郡で過ごした。1783年の春…

第2章

 リチャードは首尾よく計画を進めた。彼は計画を細心の注意を払いながら意欲的に進めていた。  リチャードとサンプソンは、その年の秋と冬のあいだに家を建て…

第3章

 私はリチャードと四月に式を挙げた。そして秋には、私の心も新しい生活に慣れ始めていた。私はレヴィット氏とジェイニーはうまくやっていけるだろうと思った。…

第4章

 「ねえ」ある日、私はジェイニーに尋ねた。結婚式がどんどん間近に近づいている時だった。「結婚式を誰に執り行ってもらうの?」  ジェイニーはいらいらした…

第5章

 私たちがギャスパー・リバーの集会場に着いた時には、すでにたくさんの人々が集まっていて、こんなに大きな群衆を見るのはレキシントンに行った時以来のことだ…

第6章

 リチャードの決断に、私たちの家族が反対するだろうことはわかっていた。案の定、リチャードは帰ってすぐに自分のしようとしていることを父親に説明することに…

第7章

 ビリーバーズと出会う前の日々のあらゆる出来事を思い返すことは、もはや無意味である。私たちは熱心に働き、リチャードは、農場がしっかりした価値のあるもの…

第8章

 もちろん、それは間違っていた。リチャードには、正しいと思うことを行動に移す意志だけでなく、絶対にやり遂げる力がある、そのことを私はよく知っていたはず…

小説訳文一覧

研究成果

研究成果記事一覧